今年最後の沢旅『大イワナいづこに・・・』

スポンサー

今年も9月の最終週にネロさんと合流して、

釣竿もって、今年最後の沢遊びに出かけた🎣


場所的には行き慣れたところだが、
アプローチするルートはNEWバージョン!

いつもよりに楽に行ける予定だが、
行きに下りが多ければ、帰りは上りが多いのが定説。
でも、帰りは寝ているので体調も万全のはず?が、
ヘロヘロになるのが常(笑)!

なぜか、
この沢は9月になると石が茶色なりヌメるようになって、
遡行もすべるようになるし、
サカナもあまり釣れなくなるような気がする・・・

まぁ、9月に入って気温が下がってくると、
ペアリングといった産卵時期になってくるので、
イワナやアマゴは、食い気がなくなるのが一般的だけどね!

それにして最近、釣り場が荒れているね!
渓流釣りブーム?のせいかな?

渓流釣りって、ほとんど釣り人が、
釣り場を他人に教えないよね~

私の場合は教えないと言うか、
教える人を選んでるって感じ!!

ホントにあきれるようなヤバい釣り人がいるからな(怒)

例えばキープ(釣った魚の持ち帰り)のこと・・・

海と山奥の沢を同じだと勘違いしているバカもいる!

個人の自由だろ~と言われたらそれまでだけど、
釣った数の自慢なのか、
200匹・300匹と、小さいサイズもすべて持ち帰って、
唐揚げや佃煮にして近所に配るとかしている(怒)!

釣った魚を2・3匹持ち帰って食べるとか、
沢泊で1人につき2・3匹ぐらいを、
食料として食べるなんていうのは、何も文句はないよ!!

でも今の時代、
小さな沢の魚を、いっぱいキープされたら、
その沢の魚は絶滅しちゃうよ😢
実際にそういう沢を知っているしね!

アソコの沢に魚がいっぱいいるとか、
情報が広まるともう終わりだから、
私もそうだけど、他の釣り人も、
ガンガンキープするような釣り人には、
絶対に教えたくないし、教えないと思う✖

そういう乱獲するような人に言わせると、
個人の自由だとか、
昔からしていたことと、必ず言うけど、
生活のためにやっていた、イワナ&アマゴの漁師なんて、
もうほとんどいないし、
現代のような情報が発達した世の中だと、
1つの沢の魚が全滅するのなんてすぐだよ!!

キープは1人、2・3匹にして、
あとは写真と、ココロの記憶に残しましょう📷

あと気になるのが、焚火の不始末やゴミの投棄だね!

焚火で何でも燃やそうとして、
燃えきらなかったモノを持ち帰らないでそのままだし、
焚火の跡もキレイに片づけていない(怒)

そして、
缶詰やビールの缶などを、
隠すように石の下や隙間に放置。
見つけるとホントに気分が悪い(怒)
持ち帰れないモノは持っていくな!!

釣り人、1人1人が自分ことだけではなく、
他の釣り人のこと、
そして、次の世代のことまで考えて、
釣りで遊んでくれるとイイな~と思うよ!!

話しは戻して、
新ルートのおかげ?で、通常より早く?疲れず?
目的地についたはずだが、
釣果は今ひとつといった感じかな?

でも、昨年に引き続き、
釣りシーズン、最後の週に、
ネロさんと仲間と沢泊できたことは、
良い思い出、良い締めくくりになりました!!

ネロさんと仲間、今年も有難うございました💘


焚火をしながら夕暮れ🌙
ワイワイと作りながら呑むのが最高ですね!


料理はいっぱいありすぎてお腹がパンパン!
ネロさんが洩れてくれるコーヒー☕


雨だけは勘弁してほしいと、毎回祈っているが、
今回は神様に通じたみたいね!


私はヘツリ大好き!
危ないところは無いにこしたことないけど・・・


魚留の滝下を釣るネロさん🎣
この滝上を気にしていたので、脚が動くうちに確認しに行きましょうか?


朝も寒いので焚火からスタート🔥
夜のあまりを温めなおして調理します🍲


派手に転倒する仲間(>_<)
沢歩きはザックが重いと大変ですよね!


沢歩きはかなりしている仲間に、
帰りの急登で一休みのネロさん!

注・・・・当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。




スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当店は静岡県浜松市にある美容室とカフェ&アウトドアショップ。 犬がOKのテラス席にドッグラン完備。 ウルトラライトの登山用品のセレクトショップで、 フリーライトの正規販売店。 オーナーは美容師・登山・渓流釣り(フライフィッシング)に知識豊富。愛犬はトイプードルのチョコ。