南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』

スポンサー

深南部大好きヘンタイ女子が、

日帰りで『不動岳』に行く気満々なのでサポートで・・・


元気な若者はともかく、
オジサンは『鹿ノ平』で星空⭐とお酒🍶のセットで、
泊まりで行って、『不動岳』だろ~っと、
鎌薙尾根を登りながら、ずっと心の中で叫んでいた・・・

以前は、
六呂場山経由で、『鹿ノ平』に泊まったことあるけど、
このルートも楽しいけどけっこう大変・・・

『鹿ノ平』に行くなら、
「鎌薙尾根コース」
「六呂場山コース」だけど、

日帰りなら「鎌薙尾根コース」ピストンで、
泊まりなら「鎌薙尾根コース」「六呂場山コース」ミックスで、
周回するのもオススメです!!

私が思う『不動岳』登山の考察ですが、

『不動岳』『鹿ノ平』とセットで成り立つ・・・

『鹿ノ平』を横切りながら『不動岳』へ近づいていくのが快感であり、

『不動岳』『鹿ノ平』と切り離して考えることはできないと思う。

そして『不動岳』は、

『鹿ノ平』からピークまで伸びているあの美しい尾根を歩くことが、

ピークに立つことよりも、メインのように私は思える(笑)!!

そして、ここからが特に重要で、

鎌薙尾根を登りきった稜線から見ることができる、
『鹿ノ平』と、ピークへ伸びる尾根に『不動岳』を、
前もって記憶に焼き付けることが重要で、
これが、あるとないとでは、
ぜんぜんアドレナリンの出方が変わるので、
『不動岳』へ向かうパワーがぜんぜん違ってくるので、
ぜひ、天気の良い日にチェレンジしてほしいね(笑)!!

月曜日は天気が悪いので、
風は強そうだけど快晴の火曜日を選んだわけだ!

戸中ゲートの近くには、
平日なのに驚きの2台の先行車が停まっていた。
当然だが、若者ではなさそうだ?(笑)~

深南部の紅葉を目当てに来ているのか?

私も紅葉は魅力的だが、
なにより大嫌いなヒルが、もういないことが最高に嬉しい!!

ルート的には一般的なコースで、
「戸中ゲート」→「林道歩き」→「不動岳登山口」→「鎌薙尾根」
→「鎌薙の頭・近くの稜線」→「鹿ノ平」→「不動岳」

こんな感じでピストン!!

ルート上にはそれなりにマーキングがありますが、
広い尾根にわかりにくいところがあるので、
暗くなってしまったり、雨が降っていると危険です。

稜線上に行くと、
背丈ぐらいの笹漕ぎも登場しますが、
よーく観察すると、笹の中にも踏み跡がしっかりついていて、
ヘンタイにはとても楽しく感じることでしょう~

日帰りだと朝早く出発することが大条件ですし、
地図やGPSなどは持参して、
ルートファインディングをしっかりしてください。

”楽園のような別天地『鹿ノ平』を見ながら『不動岳』を目指す🏔”

サイコウですよ~

『鹿ノ平』東側の100mぐらいの下降で、
沢の源頭に水場がありますが、
登山初心者が探しに行くのは無理なので、
頑張って必要な水を背負いあげてください。
※日帰りで水場を探しに行くのは絶対にやめてください。
泊まりで行って時間があるとき限定にしてください!
正確な場所がわからないとこに探しに行って、
100mぐらい下降して登り返す時間や体力が、
想像できないレベルの方は絶対に行ったらダメですからね!!


帰りはもちろんほとんどが下り⤵

1カ所『鹿ノ平』から鎌薙尾根の稜線に戻るときの、
最後の登りが疲れるね(笑)
この先は、林道までず~っと下りでオジサンは膝にくる😢

この下りがけっこう危なくてキツイ・・・
木の根がむき出しや、ザレているところが多く、
もし雨が降っていると、かなり下りの難易度はあがるかな・・・
滑ったりつまずいて、
危ない方向に落ちないようにだけは気を付けてください。

そして、暗くなる前に林道には下れるようにしてくださいね!
暗くなってくると気持ちが焦るので、
なんでもないところで判断ミスをして、
違う方向に行ってしまったりするので・・・

次回は泊まりで行きたいな~
でも、美味しいお酒や食事、テント泊道具を一式もって、
『鹿ノ平』
まで歩くの大変だな~林道歩きもあるし・・・
雪があるときなら水を背負わなくてもいいから、
積雪時にも1回ぐらい行ってみたいけど・・・

ぜひ一度、鎌薙尾根で『鹿ノ平』『不動岳』に行ってみてください。
1人では無理な方はベテランの方と一緒に!!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
林道を暗いうちからヘッドランプをつけてスタート・・・
明るくなってきたら紅葉が見えてきました。

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
最初にあるのが、シブロク歩道への登山口で「バラ谷の頭」方面に行けます。
次にあるのが、
等高尾根への入り口で「黒法師岳と丸盆岳」への登山口になります。

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
そして、最後の登山口が「鹿ノ平と不動岳」への登山口になります。
ここまで歩いて2時間ぐらいで、林道はこの先で崩壊しています。

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
登りがキツイですが、鎌薙尾根も魅力的です!
今回は珍しく最高の快晴です~雨オトコの私にとっては奇跡ですよ(嬉)

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
倒木もけっこうあります~台風でしょうか、自然はスゴイですね!
途中からの最高の景色・・・
右から「バラ谷の頭」「黒バラ平」「黒法師岳」「カモシカ平」「丸盆岳」です。

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
おっ、珍しい「火乃要鎮」!!
この景色も「丸盆岳」は写っていませんが、
右から「バラ谷の頭」「黒バラ平」「黒法師岳」「カモシカ平」です。

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
鎌薙尾根を登りきった稜線からの「鹿ノ平」と「不動岳」

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
鎌薙尾根を登りきった稜線からの「鹿ノ平」に向かう下り。
帰りはこのあたりが唯一の登りでキツイ!
「鹿ノ平」に向かう尾根からの「富士山」方面の景色~
大無間山と風イラズが心に焼き付く・・・行きたい!!

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
「鹿ノ平」に到着~泊まりたい!!
これから向かう「不動岳」への尾根・・・この稜線(尾根)サイコウ!

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
「鹿ノ平」方面を見下ろす・・・
今まで軟弱な靴を履いていたので、
これからの季節を考えて硬派の靴にチェンジしたら重いこと(笑)
こんなことじゃん雪山に行けないじゃん⛄


南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
無事に「不動岳」に登頂⛰
寸又峡方面へのルートにも踏み跡はある感じだったな~
ここから寸又峡方面に下降するか、
寸又峡方面から釣りをしながら「不動岳」に登頂したいな~
そして「鹿ノ平」で釣った魚を焼きたいな~私の壮大なる夢(笑)!!

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
「不動岳」から「鹿ノ平」へ尾根を下る仲間。
今回はフリーライトのザック「e2c」と、ポール「トレッキングコンパクト」を、
相棒にしました~「鹿ノ平」で撮影📸

南アルプス深南部『鹿ノ平から不動岳』
明るいうちに林道まで戻って来れました~
さぁ、暗くなる前にゲートまで林道歩きだ・・・疲れた⤵

注・・・・当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当店は静岡県浜松市にある美容室とカフェ&アウトドアショップ。 犬がOKのテラス席にドッグラン完備。 ウルトラライトの登山用品のセレクトショップで、 フリーライトの正規販売店。 オーナーは美容師・登山・渓流釣り(フライフィッシング)に知識豊富。愛犬はトイプードルのチョコ。