南アルプス深南部『白倉山から鶏冠山』

スポンサー

10月下旬、テント泊での久しぶりの深南部縦走・・・

でも、2日目は早朝から雨予報☔


しかし、絶対に行きたい行きたい仲間!!

2日目が確実的な雨予報で必然に荷物が多くなる・・・

雨が絶対降るとなると今回はテントを持参。

白倉ゲートから林道を歩き、
「平森山」「白倉山」の中間地点ぐらいに、
バリエーションルートであがるが、ここがかなりキツイ!!

クマさん捕獲器も設置してあるルートで、
ちょっと気分が滅入る・・・

稜線まであがれば気持ち良い樹林の中の、
尾根歩きが待っているのだが、
林道沿いの沢で2日分の水を汲んでいるので、
思うように登りのスピードがあがらない・・・

もちろん歩きやすい登山道があるわけではなく、
一部の変態のみが歩いた踏み跡と、獣道を考察しながら、
方向を間違えないように一歩一歩、前に進むしかない・・・

久しぶりのキツイ登りで、
仲間の脚が悲鳴をあげているようで、
「つった!つった!」「痛い!痛い!」が、
ヤッホーの仲間のように大自然に悲しく反響している😢

この時点で、
今回は「鶏冠山」までは無理だと思ったが、
優しい私はそこにはふれない・・・

とりあえずは稜線までは頑張って、
ゆっくり登ってもらって、
広々した楽園を探して、「焚火&テント泊」できれば十分だ!!

その楽園が、
「鶏冠山」に近ければ近いにこしたことないが、
そこは仲間の様子を見ながらで問題ないし、
私は、
特に仲間がいるときは、ピークに立ちことがすべてではないので、
楽しくて安全が大優先である・・・

でも、本気で「鶏冠山」まで行くなら、
2日目の天候を考えて、初日にどこまで歩いて、
どこでテント泊するかが重要になる。

水をいちおう汲みに行ける、
最高の稜線上のテント場があることは知っていたが、
そこまで行くのは100%無理だと思っているので、
今回は行けるとこまででOK!

もし、
テントがぜんぜん張るとこがない稜線で、
暗くなるとまずいので、
早めにテント場の決断はしないといけない。

時間的にはもっと先まで歩くことは可能だったが、
笹が抜けている平らの場所が、
これからでてくるかが不安だったので、
ちょっと早い時間だけど、今回はここで終了⏰

仲間を『鶏冠山』に連れて行ってあげたかったけど、
また今度・・・

『三又山』『ドーム』『笠松山』あたりも含めて、
優しく案内しますので、
またゆっくりリベンジしましょうね!!

早めの時間から焚火の準備をしながら、
テントとタープの設営・・・

静かな暗闇に包まれれば、
炎と星空を見ながら、お酒と食事で雑談がはずむ~

今回はお酒とツマミの量が少なくて失敗😢

なかなか電波がキレイ入らないラジオをいじりながら、
よくわからない演歌を聞きながら、
明日の天気を知った瞬間、
知っているけどタイミングを合わせたような、
ため息がでたことを木々は知っている・・・

案の定、早朝からタープに打ち付ける雨音で目が覚めて、
タープの下でカラダを小さくしながら、
朝ごはんと片づけをして撤収。

本当に雨が降っている際のテントの撤収はやっかいで、
雨が降ること想定して、タープを持って来て大正解!!

ちなみに、
濡れたテントって、自宅で乾かすのも大変ですよね・・・
翌日の天気が悪かったら、さらに最悪!

下山中は雨がどんどん強くなって、
雨音をずっと聞きっぱなし・・・もういいよぐらい~

久しぶりにずっと雨の中を歩きましたが、
これはこれでよい体験で、
防水グローブ防水ソックスの必要性を再確認できました!
防水グローブは持っていましたが、
防水ソックスは忘れてしまいました~反省😢

「白倉山」「平森山」「朝日山」と縦走して、
林道に下山しましたが、
雨の中の「朝日山」から林道までの下りが、
滑るし長いこと・・・長いこと・・・

林道に無事下山すると、
天気予報通りに、今までの雨がウソのように快晴に

2日目は雨になるとわかっていたけど、
それなりに楽しめた2日間でした~

大好きな深南部でまったりできたので十分なのですが、
やっぱり登山は景色がしっかり堪能できる、
快晴の日に歩きたいですね(笑)→実は私は雨オトコです😢

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


少し紅葉している白倉権現ゲートからの林道・・・
中ノ尾根山(浜松市で1番高い山)への登山口も、
この林道の終点にあります。


バリエーションルートの途中に壊れた小屋跡。
このルートは不明瞭でけっこう登りがキツイので、違うルートの方がイイかな?

右側の尖がっている山が「ドーム」で、その左側が「三又山」。
「三又山」は、長野側と静岡側の県境であり、「池口岳」や「鶏冠山」方面に続く分岐点。


「平森山」と「白倉山」の稜線上です~本当に素晴らしい!!


深南部の水窪側・登山道では必ず見かける「火の用心」。

自然に溶け込む小さな目印が、私にとっては控えめで素敵だけど、
もう少し目立つ目印を付けてくれと思っている人もいるはず・・・


なぜかピークが2か所ある「白倉山」!?
「白倉山」の山名板の近くにはテント場はありません。


右側のモッコリした感じの山が「中ノ尾根山」。

真中が「ドーム」で、左側が「三又山」。
この3つの山が、水窪100名山の高い山ベスト3!


現在はないテント、ICIスポーツのゴアライトの記念限定モデルを持参。

今の軽くて小さいテントとは違う、重くて大きいテント(笑)
「白倉山」先の、広い尾根上に見つけた、最高のテント場!!


今回の天候にあわせて持ってきた、
私が大好きな、フリーライトの「スウィングタープ」310g。
アイデア次第で、いろいろなカタチに張ることができる、
優れものウルトラライトタープ。
日帰りでも、エマージェンシーとして持つのもオススメです。


早朝からの雨だけど、タープの下で片付けなので、いちおう快適!
仲間がウナギ茶漬けの朝ごはんを作ってくれました~有難う<(_ _)>

注・・・・当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。


スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当店は静岡県浜松市にある美容室とカフェ&アウトドアショップ。 犬がOKのテラス席にドッグラン完備。 ウルトラライトの登山用品のセレクトショップで、 フリーライトの正規販売店。 オーナーは美容師・登山・渓流釣り(フライフィッシング)に知識豊富。愛犬はトイプードルのチョコ。