寸又峡温泉『千頭森林鉄道』

スポンサー

質問があったので書きますが間違っていたら教えてくださいね。

車体に書いてある「SAKAI WORKS」は、現在「酒井重工業」

「SKW」のKは工業かなと思ったのですが、

創業当時のロゴマークで、「K」は創業者の名前のようです?

森林鉄道は大好きなのですが、特に私が好きなのは、

千頭から柴沢まで走っていた『千頭森林鉄道』

廃線となる最後の方は、観光客や釣り人や登山客を乗せて走っていたそうでね~乗りたかった!!

これ以上詳しく知りたい方は、私にとって廃線の師匠&神様←私が勝手に!

「ヨッキれん」こと平沼義之さんのブログをみてください。

でも、絶対に真似したらだめですよ~すぐに天国に行ってしまいますからね!

ほんとにスゴイというか、アタマのネジが飛んでいますから(笑)~

私も以前に参考にしたら大変でしたから・・・

千頭森林鉄道編・・・http://yamaiga.com/rail/senzu/main11.html

トップページ・・・http://yamaiga.com/index.html

 

これが寸又峡温泉の入り口においてある森林鉄道用ディーゼル機関車「DB12号」

オレンジとグリーンの色が好きなのですが、

真ん中に水色のラインが入るのは、東京の管轄だったからかな~たしか?

そしてこれが、夢の吊り橋のあがったところに展示してある「DB6号」

尾崎坂展望台に置いてあるのですが、当時は尾崎坂駅ですね。

2台ともに空冷化されていて、屋根の上にはエアータンクがのっています。

そして特に私が好きな、人を乗せる巡回用モーターカー「GM10」は、

なんと「富士重工」なんですよ~カッチョいい~さすがスバル★

デザインはなんとなくバイクのラビットに似てますね!!

「GM10」に乗って、寸又川の奥に観光や釣りに行きたかったです。

釣りやキャンプしながら「千頭森林鉄道」の廃線状態をすべてみたいですが、

時間も体力もないので無理ですね(笑)~

 

昨年は、「フリーライトの高橋さん」「アウトドアストア・ネロの大武さん」と一緒に、

千頭山を経由して柴沢小屋にも泊まれたし、柴沢で釣りキャンプもできたので嬉しかった♡

廃線や廃道もなんとくみれたし、柴沢吊り橋も渡ることできたし←かなりビビった!!

「千頭森林鉄道」について詳しい方がいましたら勉強させてくださいね。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です