南アルプス深南部・水窪『ツゴノ沢大滝』

スポンサー

なんとなく「熊伏山」の帰りに行ってみたら良かったから、

毎年1回は行くようになったのかな?!


『ツゴノ沢大滝』を見に行くのは、
やっぱり氷瀑のできる冬がサイコウ❤

私が行った翌日?に、新聞に紹介されたそうです📰
仲間が写真を送ってくれました。

核心は、ルートの難しさよりも、
林道が雪で、入り口までクルマで行きにくいところかな(笑)

「熊伏山」への登山口「青崩峠」は、
さらに奥なのでもっと林道が大変ですね😢

4WDでスタッドレスタイヤ(チェーン)でないと、
足神神社までも危ないかも・・・
ともかく、スタッドレスタイヤ(チェーン)は必須です🚙

今回は、『ツゴノ沢大滝』入り口の10分ぐらい手前の路肩に、
クルマを駐車して歩きましたが、
林道歩くのも、注意しないと転びますので、
手首とか骨折しないように気を付けてくださいね☢

登山というよりもハイキングですが、
雪山ハイキングの防水装備でないとキツいので、
スニーカー&私服で、気軽に行くことだけはやめてくださいね✖

目印はしっかりありますので、
迷うことはないと思いますが、渡渉も4回ぐらいありますので、
初心者の方は、登山をされている方と一緒に行ってください。

そして、
万が一の場合も考えて、現在地がわかるようにスマホのGPS機能を使ってください。
スマホのGPS機能を使ったことのない方は、
今回のようなハイキングレベルのルートで慣れると、
今後の山旅にとても役立ちと思います📱

今回私は、
軽アイゼン(チェーンスパイク)は、歩きにくいので使わなかったですが、
雪が積もった石の上を歩くことが多いので、
滑って転ばないように、
そして沢の中にドボンしないように注意してくださいね!!

でも、
地元にこんな素晴らしいとこがあるなんてシアワセです💛

雪山ハイキングが可能な方は、
ぜひ、美味しいランチでも持って、のんびり行ってほしいなと思います。

㊙の余談・・・
大滝の上の沢が見たいの私だけ?←ヘンタイです!
沢らしい沢はあるのか???
ここだけの話し、大滝の上に昔、猟師がサカナを入れた❓伝説の噂話(笑)
行くならヒルがいない今か・・・

注・・・・当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当店は静岡県浜松市にある美容室とカフェ&アウトドアショップ。 犬がOKのテラス席にドッグラン完備。 ウルトラライトの登山用品のセレクトショップで、 フリーライトの正規販売店。 オーナーは美容師・登山・渓流釣り(フライフィッシング)に知識豊富。愛犬はトイプードルのチョコ。