南アルプス静かなる楽園『深南部』

スポンサー

南アルプス深南部は気軽には立ち入ることができないエリア。
アプローチも長く悪く、道も不明瞭なところが多い・・・


だから入山する人が少なく、自分のスキルと向き合う静かな登山が楽しみめる。

釣りも山も奥が深く、気軽に奥まで入るエリアではなく、
自分のスキル(体力)と地図、ネット情報を組み合わせて、妄想している時が一番安全で楽しいかもしれない。

装備もスキルも事前情報もなくチャレンジをすれば、達成感とはほど遠い自殺行為だと思う。

私はそんなエリアがとても魅力的でたまらない!

 

それなりに歩いているが、それは稜線上の話しで、できることなら下に降りたい。
昔あった営林署の宿舎跡をみながら、小さな城を仲間とつくり釣りをしたい・・・

切れにないでくれ!バレないでくれ!と心の奥から神様に頼み込む、
宝石のような渓魚が山ほど生活している渓が、地図を見る限り山ほどあるはずだ!



★ 南アルプス深南部に入山入渓するには3つ

・静岡県浜松市水窪エリアからのアプローチ

・長野県の光岳エリアからのアプローチ

・静岡県の大井川沿いの川根本町エリアからのアプローチ


林道を利用する場合はゲートがあるので、行けて車はそこまで。


ゲート前で規制がかかっているともっと手前から歩き。


ゲートから2~3時間歩いてやっと登山口があるパターンが多い。


小型バイクを持ちこんだりする人もいるが、せめて自転車だろう。


自転車OKだがバイクはダメや、バイクも自転車もダメな林道もある。


何か事故などがあった場合、処罰などが厳しそうなので気を付けてほしい。

有志の人達がマーキングなどの登山道整備をしてくれているので頭がさがるが、
100名山ほどの明確な道ではないし、100名山ほど登山客も多くないので注意をしてもらいたい。



地図とコンパスの持参も大切ですが、使えない人も多いのでは??
勉強することも大切ですが、とりあえずスマホが便利です。
写真を撮ったりとスマホは持って行きますよね?


スマホのおかげで、地図アプリをいれてGPSをONにすれば、データ通信の電波は入らなくても、

自分の現在地はわかるので、ぜひ活用してほしい。

自分の現在地がわかれば、かなりの確率で遭難は減ると思いますので・・・


私は登山でいえば、

あの山に登りたいよりも、このルートであの山に行ってみたい!・・ヘンタイ派なので、
山のピークに立つのもいいけど、ここから登ってこの尾根から・・・みたいな計画が大好きです。

さぁーこれからが最高ですよ~次は時間があったら何処に行こうかな?

お店に来店していただければ地図もありますし、
いろいろな情報も仲間や知り合いから入手していますので、
安全で楽しい登山のためにアドバイスできることもあるので、何かありましたらお問合せください。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

 

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です