データのバックアップは絶対にこまめに『外付けハードディスク』へ

スポンサー

パソコンに保存データがたまってくると、
経験上いつクラッシュするかわからないのでとても心配・・・


以前にも突然、パソコンの壊れて痛い思いした!

今まで一生懸命作成した仕事の資料などがなくなるのは本当に最悪だし、
生まれてからの子供の10年間ぐらいの写真データや動画データが全部消えて、
奥様から離婚をきりだされた話しも聞いたことがある・・・笑えない😢

私は、今まで登ってきた山や、
釣りの写真がなくなると悲しいからな~
それにチョコちゃんの写真や動画がなくなったら泣いちゃうよ( ノД`)シクシク…



パソコン内部のHDD(ハードディスク)や、
SSD(ソリッドステートドライブ)の記憶装置だけだと、

パソコンが壊れると一緒に終わってしまう場合があるので、
外付けHDDにもコピーしたほうが絶対に良い


外付けSSDもだいぶ安くなったけど、
容量が大きくなるとまだまだ高いので、HDDが安くてオススメです。

そして、さらに心配性な私は外付けHDD2個ぐらいコピーしたい(笑)

ミラーリングHDDといって、本体の中に2個のHDDが入っていて、
1回の操作で2個のHDDに同じデータのコピーしてくれる優れモノ。

1個のHDDが壊れても、もう1個は助かるということ・・・

でも、ミラーリング機能のHDDは値段が高いので私には無理無理~



★ミラーリング機能の外付けHDDがほしい方へのオススメ↓


I-O DATA HDD 外付けハードディスク 4TB ミラーリング(RAID1)/2ドライブ/USB3.0/静音ファン付 HDS2-UTX4.0

I-O DATA NAS 4TB RAID 1(ミラーリング)/デュアルコアCPU/高速モデル/2ドライブ/3年保証/日本製 HDL2-AA4/E

BUFFALO NAS PC/スマホ/タブレット対応 ネットワークHDD 6TB LS220D0602N 【データを守るRAID1対応モデル】

BUFFALO RAID1対応 USB3.0用 外付けハードディスク 2ドライブモデル 4TB HD-WL4TU3/R1J

※ 容量は検討してくださいね(動画や音楽がいっぱいなければスゴイ容量はいらないと思います)

ミラーリングは楽ですが値段が高いので、
私は少し手間ですが、2台の外付けHDDにそれぞれコピーしています。


そこで私のこだわりは、

①バスパワー対応の外付けHDDであること。
コンセントから電源をとらなくていいのでとても便利である。
ちなみに私は外付けHDDを常にパソコンに接続していません。
必要なとき以外は使わない方が、壊れにくそうだから・・・あくまでも私の考えです!

それに、バスパワーだと持ち運びで使用するときもコンセントいらないので便利です。

②USB3.0(USB3.1)に対応していること。
転送スピードが速いのでコピーに時間がかからない
USB3.1は互換性があるので、従来のUSB3.0/2.0/1.1/を接続できます。
ただ、使用しているパソコンに対応しているUSBポートがついてないとダメですからね~
自分のパソコンを調べてくださいね!

USB2.0のポートにUSB3.0対応の外付けHDDをつけても、
USB2.0のスピードしかでませんから(汗)

最近のパソコンならほとんどUSB3.0のポートがあると思いますが・・・

これが最近、私が購入した外付けHDDですが、
大切なデータの保存目的なら、大きい容量を1個買うより、

そこそこの容量を2~3個買った方が、
壊れるリスクを回避できるので絶対にオススメです!!

最後に、「まだまだ壊れないよな~」は甘いですよ・・機械ですから!
雷が近くに落ちてもコンセントからパソコンが壊れますからね~
バックアップはこまめに必ずとりましょうね!!

私が使っているコンセント~ちょっと安いので心配だけど(笑)↓

ELPA エルパ 耐雷サージ機能付フロントタップ 3個口 A-350SB(W)

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です