行ってみたいシリーズ・建築物編『カップ・マルタンの休憩小屋』

スポンサー

ル・コルビュジェの『カップ・マルタンの休憩小屋』知っていますか?

私が世界一番で見たい建築物(美術館は除く)・・・


私の中の行ってみたい(見たい)シリーズ!

誰もがあると思うけど、
行って(登って)みたい山・行ってみたい町・行ってみたい美術館など・・・

そんな中で、私が1番行ってみたい建築物、
建築家の『ル・コルビュジェ』が設計した、
「カップ・マルタンの休憩小屋」(フランスの地中海沿岸)

建築家の『ル・コルビュジェ』が設計した、 「カップ・マルタンにある休憩小屋」(フランスの地中海沿岸)

私は『ル・コルビュジェ』が昔から大好きで、
「カップ・マルタンにある休憩小屋」
存在は以前から知っていたが、ちょっとしたことで強く思い出した。

『ル・コルビュジェ』のレプリカの椅子も持っていたし、
美容院の本棚には『ル・コルビュジェ』の写真集もある。

建築家の『ル・コルビュジェ』が設計した、 「カップ・マルタンにある休憩小屋」(フランスの地中海沿岸)

建築物は大好きで、いつか自分の店を建築することがあったら、
こんな感じというのがあったので、
現在のお店は浜松では1番気に入っていた、建築家にデザインしてもらった。

でも、予算がぜんぜんないので完璧な理想な建築にはなってないが、
とても気に入っている!

実際に建てるとなると、お金との問題がでてくるので、

なかなかこだわりぬいてはできないので、
どこを妥協して、どこを妥協しないのか・・・の、
バランスが現実ですね(笑)~

なぜ、「カップ・マルタンの休憩小屋」を見に行きたいのか・・・

立地も南フランスのコートダジュールの海岸沿いにあり最高だが、
それよりも、
世界中にとんでもない建築物のデザインしている、
あの『ル・コルビュジェ』が、
自分自身と妻のために建てた別荘がこの規模なんですよ~
すごくないですか!!

私の勝手な想像ですが、
近代建築の巨匠の『ル・コルビュジェ』は、
多くの建築物をデザインし、何かを悟ったような感じで、
行きついたデザインが「カップ・マルタンの休憩小屋」のような気がしてならないのです。

千利休の茶室のような感じに近いのでは???

そして、ここが『ル・コルビュジェ』終の住処となったのです~

近代建築の三大巨匠といえば、
『ル・コルビュジェ』
「フランク・ロイド・ライト」

「ミース・ファン・デル・ローエ」だけど、
私は『ル・コルビュジェ』がなんといっても最高だね!!

建築家の『ル・コルビュジェ』が設計した、 「カップ・マルタンにある休憩小屋」(フランスの地中海沿岸)

いつか行きたい・・・いつか行きたい・・・

登山の違って飛行機で旅行だから、
80歳になっても行けるでしょ・・・健康とお金があればだけど(笑)!

そういえば、
「カップ・マルタンの休憩小屋」のレプリカが日本にあるのですよ~

私は行ったことないですが、
埼玉県にある「ものつくり大学」にレプリカがあるそうです。

建築家の『ル・コルビュジェ』が設計した、 「カップ・マルタンにある休憩小屋」(フランスの地中海沿岸)

学生が実測調査を行い、卒業制作として造ったようです。
ネジ1本から建具金物、照明、家具まで、
すべてほんものと同じものを目指したそうです。

完成度が高いため、
ル・コルビュジエ財団から正式に「レプリカ」として認定されたそうです。


注・・・・当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

 

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当店は静岡県浜松市にある美容室とカフェ&アウトドアショップ。 犬がOKのテラス席にドッグラン完備。 ウルトラライトの登山用品のセレクトショップで、 フリーライトの正規販売店。 オーナーは美容師・登山・渓流釣り(フライフィッシング)に知識豊富。愛犬はトイプードルのチョコ。