掃除は大切『仕事が自然にできる人に』

スポンサー

東京時代、掃除の大切は多くの先輩や経営者にかなり厳しく指導された


今日は空いている時間にスタッフと、先日の台風の影響もあり、
かなり窓ガラスや外回りが汚れていたので、
一緒に掃除をしました。

 

私は若い頃、若気の至りで先輩に、「掃除ばかりしてもすぐにまた汚れますよ」と言ったら、

「ナカムラは明日から食事をするな!どうせすぐにお腹はすくから」と言われ、
繰り返しやらないといけない事がとても大切だから、手抜きをしないようにと叱られました!

美容師になりたいのに掃除ばかりと、先輩にたてついた人は、口ばかりでぜんぜん技術も成長せず、
周りのスタッフからも孤立して辞めていきました。


・尊敬する先輩は、掃除にはすべてが詰まっている

「掃除をスピーディーに完璧にキレイすることは、
すべての仕事を極めたようなもの」

・埼玉県の有名美容室のオーナーは、掃除の教育を徹底的にして、
あとはあまり指導しないらしいが、
人間力も技術も立派成長するようです。

・超有名美容室のオーナーは、他の美容室に行くことがあると、
「スタッフルームの掃除具合をみれば、
その店の仕事のレベルはわかる」と言っていました。

・とんでもないぐらい忙しい人気美容室の若いスタッフが、

「自分たちの店は自分たちで掃除しないと感謝の意味がない。
時間なんて作ればいいので、掃除業者を頼むなんてお金の無駄ですよ~」だって・・すばらしい!

不思議なのか、当たり前なのか、
確かに今までにいろいろな美容師をみてきたが、
掃除のレベル仕事のレベル比例しています~正直わかりますよね!

口には出さないが先輩をみていてもよくわかりましたね(笑)

美容師が口では偉そうにセンスがイイようなこと、美意識が高いようなことをいっても、
お店がそんなに汚く掃除がキレイにされてないのに、美意識が高くセンスが良いわけがないですよ・・・

汚れやホコリに気づいてない・・・
気づいていてもやらない・・・
隅までできない・・・
時間がかかるけど汚い・・・

手際が悪い・・・

仕事の内容も同じようになるんですよ~まあ、しょうがないと言えばそうなんですが、
私自身も妥協しないように言い聞かせ、

スタッフにも気をつけさせているつもりです。

将来、のんびり自分1人になっても、美容師(プロ)としてお金をいただく以上は、
妥協してはならないところは守りたいと思ってます!
まぁ、妥協するようになったら体力的にも引退ですね(笑)


注・・・・当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

 

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です